message
message_p和菓子を作る父の背を見て育った私は、

いつの頃からか、美味しい洋菓子を
お客様に提供したいと思うようになりました。
その思いがピークに達した昭和58年、
私はミッシュローゼをオープンしました。
以来、神戸の繁盛店で修業を経てきた弟、
そしてお菓子を愛するスタッフたちとともに、
最高級の材料を使用し、時間をかけ、真心をこめて、
より美味しいお菓子を追求し続けています。
材料の鮮度はもちろんのこと、アイディアの鮮度にもこだわり、
常に新しいお菓子の開発にチャレンジすることが、私たちの信条。
だから、お菓子を創る場所も「工場」ではなく、「研究所」と名付けました。
今日も研究所では、お客様の笑顔を思い浮かべながら、
誰もがまだ出会ったことのない美味しさを求めて、
お菓子づくりに勤しんでいます。

お菓子を大好きな方々が、私たちの作ったお菓子によって、
幸せな気持ちになってほしいから。


ミッシュローゼのお菓子は、日々進化し続けていきます。